前へ
次へ

程よい焼き加減も和食の焼き鳥には重要

塩や醤油に味噌や和風だしなど、和食メニューを作るキッチンスタッフは、和風調味料を使い食材の味を活かした料理を作ります。
香ばしい焼き加減と柔らかな鶏肉の食感が溜まらない、焼き鳥も和食処では人気の高いメニューです。
ただ焼けばいいというものではなく、和食は加熱時の火加減などにも意識が必要ですから、キッチンスタッフは焼き鳥を程よい状態に焼き上げるさじ加減にも注意をしています。
火力が強すぎて周りだけ黒く焼けて、中まで火が取っていないトラブルにも発展しますが、反対に火力が弱すぎても鶏肉の皮の香ばしさが半減してしまうため、火加減と焼き時間はかなり重要ポイントです。
あっさりメニューの多い和食ですが、焼き鳥は肉ですし豚や牛より脂身は少ないと言っても、ある程度のボリュームもあります。
メインで食べるおかずとしても、焼き色と食べた際の肉の柔らかさ、加えて醤油や塩などの味にキッチンスタッフは、調理の際に手を抜くことはできません。

Page Top